モチベーションを上げる

壁が高くてモチベーションがなえる

モチベーションを上げるとめんどうな気持ちも吹き飛びますのでモチベーションアップはめんどう克服には重要なポジションと言えます。

 

モチベーションを上げる基本的な方法はこちら→めんどうな気持ちを消す

 

その他の裏技的なモチベーションを上げることが出来るのか・・・

 


モチベーションを上げる運動

モチベーションと運動って運動を続けさせるためのモチベーションもありますが、今回は

 

モチベーションを上げるためにとある運動をする

 

これになります。そもそもやらないといけないことがあるが、やる気が起きない→だから運動?運動すらやる気が起きないですよね。

 

だから簡単な、しかも習慣として取り入れられるものをお伝えします。

 

まず、モチベーションなどの思考関係は脳に支配されています。だから自分が欲しているものを得られるからモチベーションをアップできるのですが、

 

その脳についてのスペシャリストが、すごく簡単な運動をすることでモチベーションアップするということを進めています。

 

脳のスペシャリストである苫米地博士ですが、自分はかなりファンんで、本を買いあさっております。その中で苫米地博士が推奨する超簡単なモチベーションアップの運動が、

 

プルプル気功というものです。

 

気功というとなんだか胡散臭いと思われがちですが、実際に私は気功の先生が施術する鍼灸院へも行っていますし、気功のすごさを体験しております。

 

そのプルプル気功は苫米地博士の考案したものではないのですが、苫米地博士のさらなる気功の先生が考案したものと聞きます。

 

やり方は至って簡単。ユーチューブでも動画が落ちていますので、ぜひ見てみてください。

 

リラックスしながら足を肩幅に開き、手の親指で手のひら中心部を隠すように握りこぶしを作ります。この手のひらの中心部が気を出すといわれています。そこから漏れないようにふさぐという意味合いです。

 

手を握ったまま、若干膝を曲げ、全身を小刻みにプルプル震えさせます。これを10分ほどというのですが、私は5分程度で飽きてしまっています。しかしすごくやる気、冴えが増して頑張れます。簡単な運動としてモチベーションアップに役立ててください。

 

なにしろ天才の苫米地博士が推奨する気功体操です。誰だかしらない人が勝手にやっているものとはわけが違います。