これが出来れば苦労しませんが・・・

集中するためには

集中力を高める事は物事を一生懸命に取り組むための必要な要素です。
それによって自然とめんどうさが消えてきます。

 

潮の満ち干と一緒で集中力が欠如している状態だと当然、何事もめんどうだと思うし、その逆で集中力が保てているとめんどうとの気持ちもなくなっているのです。

 

よって、めんどうくさいとの気持ちは集中力を高めてあげることで勝手に消えていくでしょう。


では集中力を高める具体的方とは・・・

目標をしっかり計算して区分別しておくことです。

 

今日はここまでやると、具体的に目標を立てるのです。 出来もしない大きな目標ではなく、出来うる範囲で詳細に決めるのです。
それを達成してからでないと寝ない!くらいの気持ちでやるとやれます。

 

仕事でもそうですが、定時で上がろうと思って仕事をしていて、16時くらいになってメドがたたないと、焦りと、なんとしてもあと1時間で終わらせる!と真剣になりますよね。 すごい集中力が出てきます。 

 

その気持ちを常に頭においておくと良いでしょう。

 

目標立ては大事な要素であると思います。

 

こんな方法もありますが→簡単に集中する方法

 

 

 

幕末の藩士 福沢諭吉の格言

進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。

 

とにかく頑張る。自分を鼓舞させる言葉ですね。これで助走つきませんか?

 

あの将棋界のプリンス羽生善治さんの格言

成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。

 

成果が出ないと当然集中なんてできません。だけど、そのできない自分を不安と思わずに、とにかく少しでも良いので前進ですね。安心しました。

 

などなどたくさん格言はありますので調べて自分の肥やしとしてくださいね。